本文へスキップ

低資金で開業できるフランチャイズ『ライフデリ』の特徴

ライフデリ事業の特徴

安定したストックビジネス 業界No.1のセントラルキッチン 加盟店の発展ありき 未経験でも成功できる 苦しい営業活動や高額な販促費も不要 極小スペースや自宅や既存店での開業も可能 開業資金もロイヤリティも業界ダントツ最安値 本部からの融資も可能 加盟エリアは保護&出店は行政単位

加盟募集資料請求 事業説明会参加申込
FC加盟募集資料請求 FC事業説明会参加申込

安定したストックビジネス

継続的にご利用頂けるお客様が殆どです。
営業を続ける事で右肩上がりに成長するビジネスです。

お弁当をご利用頂くお客様はご高齢者や持病をお持ちの方が多数を占めます。ですから、「毎週月〜金曜日の夕食をお願い!」といった定期的なご注文が殆どです。ライフデリではそういったお客様に安心して継続頂けるよう美味しく飽きないお食事をご提供できるよう努力しております。

配食事業は継続的なお客様に新規のお客様が徐々に積み重なる安定したストックビジネスですので、将来を見越した仕入れ、人材確保、販促等の経営が可能になります。

高齢者のマーケットは今後30年拡大し、その後も規模を維持しますので、安定したビジネスを展開することができます。


業界No.1のセントラルキッチン

他社食材とは異なる品質・食感・味わい。
工場見学ができるのは当社だけ。商品に自信あり!

ライフデリで使用する食材は主に冷蔵食材を使用しており、冷凍とは異なる自然な食感を実現しています。昆布や鰹で毎日丁寧に取った出汁と本みりんで美味しい家庭の味わいをお楽しみ頂いております。一部メニューに冷凍を使用する場合も、特殊な冷凍技術とメニュー開発により冷蔵食材と変わらない食感を実現しています。

ライフデリなら配食業界の中で唯一、ご契約前に製造工場を見学し、実際の製造現場をご覧頂くことが可能です。ご自身が販売する商品に自信を持って頂くためには、可能な限りご参加頂きたいと考えています。


加盟店の発展ありき

加盟店の発展 → FC全体の発展が基本です。
徹底的に本部の無駄を削減し、加盟店とお客様に還元します。

莫大なお金を掛けて加盟店を募るFCも多いですが、ライフデリは違います。莫大なお金を掛けて募集ができる本部は莫大なお金を加盟店やお客様から得ているということです。それは全て加盟金やロイヤリティなどの加盟店負担や、商品価格や品質にはね返ります。ライフデリでは限界まで本部コストを削減しておりますので、その分を加盟店やお客様に還元いたします。例えばライフデリでは次のようなスタンスで本部の運営を行なっています。

加盟店募集コストも徹底削減!
ライフデリは加盟店の募集広告に莫大な広告費を掛けません。何故なら、例えば、大手情報誌に見開き(2ページ)で1回掲載するだけで、約200万円もの費用が掛かるからです。これら費用の大半は加盟店から得られる加盟金やロイヤリティで賄われているのです。無駄ではありませんか?ライフデリではインターネットを駆使し、無駄なコストを削減しつつ加盟店の募集を行っております。

不要なSVは雇いません!
弊社は不要なSVは雇いません。フランチャイズで開業をお考えの方は、業種問わず先に加盟したオーナーの生の声を聴いて下さい。SVが必要なのは開業時と問題が発生した時だけです。高額な交通費を使って、定期的な訪問で無駄話をするだけのSVを雇う為に加盟店の皆様に負担を押し付ける事はできません。店舗経験が無いSVは論外ですが、店長を経験したSVといっても実際には店舗や会社を経営した経験はありません。開業から数カ月で加盟店のオーナー様はそのようなSVを必要としなくなります。もちろん、加盟店からのご質問やご意見には迅速に対処いたします。店舗運営のノウハウやその他の情報共有についても可能な限りコストを掛けない中で、競合他社FCより確実に勝る質でお応えします。

本部のルーツは食材卸!
競合他社と異なり、弊社は介護施設や配食事業者への食材卸を本業としております。つまり経営基盤がしっかりと整っているので、配食事業において本質を追う事ができます。加盟店から頂く1つ1つの費用について不必要な利益を上乗せする必要がありません。是非とも競合他社を比較して、全ての費用が妥当なものなのか十分にご検討下さい。

加盟店のエリア(権利)は完全に保護します!
競合他社と異なり、ライフデリの店舗の営業エリア(契約上の重要な権利)は完全に保護されています。加盟店のエリアを他のライフデリの店舗が侵害する事はありません。当然、弊社が他の配食FCの屋号でエリアを侵害する事もありません。弊社の加盟店同士にサバイバルさせ、本部だけ30年〜40年生き残ろうという考えは毛頭ありません。あくまでも加盟店の発展があってこそ弊社が発展できるものだと考えます。

自動電話安否確認(費用は100%本部負担)もあり!
加盟店のお弁当をご利用されているお客様なら有料サービスの「らいふコール」を無料でご利用頂けます。「らいふコール」ならお弁当の配達が無い日の安否確認を自動電話で行う事が可能です。お弁当の配達と合わせて毎日の安否確認を実現する事が可能です。毎日の安否確認を行う事で店舗の信頼度を向上させ、受注件数や顧客の継続率を高めます。この「らいふコール」の開発・維持・管理・運用について、加盟店に一切の費用負担はございません。




未経験でも成功できる

調理済み食材

完全調理済みの食材を盛り付けて配達するだけです。
調理経験や専門的な資格は一切不要です。

本部が提供する食材はセントラルキッチンで手作りされた高品質な完全調理済みの冷蔵食材ですので、 店舗では開封するだけか、湯煎してから盛り付けるだけで美味しいお弁当が完成します。

きざみ食をご利用の方のお食事は包丁を使って刻みますが、その他仕込み等で包丁を使用することはありません。湯煎もIH機器で加熱することで火を使いませんので、基本的にガスも使用することはありません。


苦しい営業活動や高額な販促費も不要

訪問販売のような苦しい営業活動は不要です。
ピザや宅配寿司等のような高額な販促費も不要です。

営業活動の基本は地域の行政やケアマネージャー、病院、その他介護施設から紹介を頂くための挨拶回りです。地域との関係づくりを大切にし、安定したサービスの提供を行い、信頼を得る事が売り上げを伸ばす一番の近道です。

もちろん、販促費を掛けて素早く売上を伸ばす事も可能ですが、本部の指導のもと、施設や行政の窓口、病院にパンフレットを配り、挨拶する事で売上を伸ばす事ができますので、高額な販促費は必要ありません。


極小スペースや自宅や既存店での開業も可能

ライフデリの経営

新規の店舗なら7〜10坪で十分です。
自宅や既存店舗を利用して開業することも可能です。

店舗には完全調理済みの食材を保管し、盛り付けるスペースがあれば十分です。新規開業の場合、7坪〜10坪程度のテナントを推奨しております。

自宅の空きスペースや、例えば牛乳配達店等、店舗の空きスペースを利用した開業も可能です。飲食店の居抜き物件でも開業可能です。固定費を抑える事で収益の拡大を図ります。

直営の新宿店の場合、駐車スペース(バイク4台分程)を含めて11坪で開業しました。家賃は8万円です。


開業資金もロイヤリティも業界ダントツ最安値

加盟金ゼロ、保証金ゼロ、ロイヤリティ(売上連動)もゼロ!
開業資金は配食業界で最安値です。もちろん、開業後の負担も最安値です。

既存の飲食・配食・介護施設での開業や、新規開業の場合でも居抜き物件をご利用の場合、開業資金225,000円〜と低資金で始められます。

開業後に加盟店が負担する費用(主にロイヤリティ)についても、本部の無駄を省くことで、配食業界最安値を実現しました。是非、次の点について考えてみて下さい。

・売上の5%も本部に支払う価値があるのか。(あり得ない!)
・ロイヤリティは売上比例だが、本部から提供されるノウハウも売上比例で良くなるのか。(あり得ない!)
・全てゼロのプランを選んだら原価が高くなった(あり得ない!)


ライフデリでは売上連動のロイヤリティは0円で、会費として定額3万円をお支払い頂いております。頑張れば頑張っただけ利益が手元に残る仕組みです。また、加盟金ゼロ、保証金ゼロ、ロイヤリティ(売上連動)もゼロだからといって、その分原価が高くなるような詐欺的なプランではありません。

→開業資金についてはこちら


本部からの融資も可能

ビジネスモデルに自信があるから本部融資も可能!
自己資金は少なくても独立・開業したい方を応援します。

自己資金が少なく、開業資金や運転資金が足りない方に本部から融資を行います。ライフデリのビジネスモデルと本部ノウハウに自信があるからこそできる制度です。

ご契約後にオーナー様個別の状況に応じて審査を行い、融資額等を決定させて頂きます。お金はなくてもやる気はある!何が何でも独立・開業したい!加盟店の中でNo.1になる! そういった強い気持ちをお持ちの方を本部は全力でサポートします。開業資金にご不安がある方は是非ご相談下さい。


加盟エリアは保護&出店は行政単位

加盟エリアは保護されており、独占契約です。
お客様の利便性を最優先し、出店は行政単位が基本です。

加盟エリアは保護されています。競合他社のように本部の利益を優先して、隣店同士にお客様の奪い合いをさせる事はありません。安心して店舗運営に専念頂くことができます。

また、出店は基本的に行政区域単位(市区町村単位)です。狭い行政区域に複数店舗を出店させる事は本部のメリットでしかありません。お客様はもちろん、介護事業者や行政にとって、1行政区域に1店舗という形が最も望ましい出店の仕方です。ライフデリは本部の利益や出店数を重視するより利用者の立場に立って出店する事の方が望ましいと考えています。